吉岡秀晃のウェブサイトへようこそ
Welcome to Hideaki Yoshioka’s web site

Biography

吉岡秀晃 Hidekai Yoshioka 

Jazz Pianist, Composer

1960年2月1日 宮崎県延岡市出身

8歳の時にピアノとバイオリンに出会う。高校在学中にKeith Emersonに魅せられ、プログレッシブロックの洗礼を受けると同時に、JAZZに興味を抱く

1979
来日したRed Garlandトリオ、Jamil Nasser、Jimmy Cobbと共演し
レッドガーランドより絶賛される

1981
21歳の時、プロを目指し上京

1990
ファーストアルバム「Here We Go」発表

1991
セカンドアルバム「Anytime Anyway」を発表
スイングジャーナル誌選定ゴールドディスク(邦人新録音作品として史上初)

1992
サードアルバム「Always」発表

1994
初ソロ作品集「Strong man」発表

1994
メキシコで開催された国際親善ジャズフェスティバルに出演 1996.2 L.A.で開催されたインターナショナルジャズパーティでアンドリュー・シンプキンス、ルータバキン、シャーマン・ファガーソン、ジェフ・ハミルトン他多数と共演、親交を深める

1999
初のライブアルバム「Doin’ it right」を発表

2000
インターナショナルジャズパーティーに出演。ロサンゼルスタイムズ紙では『日本が生んだファンキージャズの達人』として評価される

ロサンゼルスタイムズ評
『最高にスイングするソロ演奏を見せた一人は、ベ-スの小林真人とドラムの八城邦義を伴ったリズム.セクションをしっかり掌握したピアノの吉岡秀晃で、特にStompin’ at the Savoyで明るいコーラス部において最高潮となった』  

2000
NJ州のRudy Van GelderスタジオでJamil Nasser(b)Jimmy Cobb(ds)との共演でトリオの初の海外レコーディング 2000.7 「Moment To Moment」をVenes Recodより発表ニューヨークタイムズ評
『吉岡のピアノは、ニューヨークの裏町をくぐりぬける木枯らしの音に似て、聞く者の心の中に都市の官能をひきおこす』

スイングジャーナル主催
第34回(2000年度)
ジャズディスク大賞製作企画賞受賞

Schedule/News

Steelpan Records 1周年記念&Nori Shiota Beirthday Liveのお知らせ・配信のご案内 8/7(金)

8/7(金)のLIVEは、併せてLive配信も行われます。観覧用のチケットのご購入は下記からお願い申し上げます。▶1st・プレミア配信チケット(3,000円)https://twitcasting.tv/c:liveco …

Contact